いろんな場面で活躍する鍼灸師は専門学校で目指せる!

鍼をさす手元

国家資格である鍼灸師は専門学校で技術と知識を学ぶ事が出来る

鍼灸器具

鍼灸師は国家資格が必要で、実際にははり師ときゅう師の2つの資格で構成されております。但し、はり師の資格を取る場合合わせてきゅう師の資格取得も目指している方が多い為、実際には鍼灸師としての国家資格を取得する方が多くなっております。この鍼灸師の国家資格を取得する為、多くの人は鍼灸専門学校で専門技術や医療について学び、国家資格の取得を目指しております。鍼灸師の国家資格を取得する場合の学校としては、専門学校は勿論ですが夜間学校の整備も充実しており、鍼灸師を目指す人以外の方でも夜間学校で鍼灸師に関しての勉強をし易い環境が整えられております。鍼灸治療は、腰痛や五十肩等の治療に効果が有るとされておりますが、自律神経失調症や不眠等の神経症状、便秘や胃潰瘍、十二指腸潰瘍等の消化器症状、更に生理痛や不妊等の症状の改善等、非常に幅広く疾患の改善に対して効果があると言われており、鍼灸師の治療を受ける患者の需要は非常に多く有ります。又、鍼灸師は東洋医学の専門家としても活動の場が多く有る為、マッサージ師の様に国家資格を必要としない治療に比べその専門性も高い事から、鍼灸師を目指す場合には鍼灸師の専門学校でその技術や知識をきちんと学ぶ事が重要となります。

注目

ニュース